Our policy

安全の上に成り立つ信頼

渥美建設で、創業以来もっとも力を注いできたのは『安全への取り組みと人づくり』です。
安全目標10か条を掲げ現場の安全を願う『安全祈願祭』、きっちりとした引継ぎを行なう『送り出し教育』、
常に現場での安全を再確認する『ツールボックスミーティング』を繰り返し行っております。
最新の重機や大型ダンプを積極的に導入し、環境に配慮し、持続可能な社会に貢献することも我々の使命です。
また、食堂付の寮を完備、親睦会等の福利厚生の充実にも常に配慮しております。
そうした努力を続けてきたことで培った安全に対する意識の高さや実行力がゼネコン各社様より評価されています。

安全・安心へのこだわり

01 / health care

健康の確保は働く上での基盤となります。本社内には寮・食堂を完備し、従業員への健康管理にも十分配慮しております。多くの従業員が長年に渡り在籍しており、「よい環境でよい仕事を」をモットーに、行き届いた健康安全管理体制の元で日々がんばっています。

02 / safety check

配属された現場で「三現主義」に基づき確認し、常に変化する現場の状況に合わせた安全の確保を心掛けています。これまでの現場で培った技術・安全・モラルを従業員へ伝承しています。また全ての現場を随時安全パトロールで巡回し、リスクの芽を摘みます。

03 / operation program

リスクアセスメントによる徹底的な「危険性=リスク」の洗い出しをします。現場毎に最も安全な作業計画を現場の担当者と社内スタッフがともに検討しています。小さなリスクを見逃さず丁寧かつスピーディな作業を行う計画を立てることが「渥美の段取り」です。

04 / enhancement

年始には安全祈願祭で安全を願い、秋になると安全大会を開催しております。安全大会では元請会社の安全管理部より講師をお招きし、協力業者の皆様も交えて安全への意識を高めています。

Atsumi's Craftsman

躯体三役(とび土工、鉄筋工、型枠大工が揃えば建物ができあがる)の一角であるとび土工を担い、コンクリート打設工や多能工も対応可能です。日々変化する現場で人員面、重機面でお客様からのあらゆるニーズに柔軟に動くことができる機動力で、作業効率化を実現します。

Heavy equipment

最新の重機を取り入れることで事故を未然に防ぐだけでなくオペレーターの意欲向上につながり、
重機を使用する際の気持ちを引き締めます。
リスク管理をきちんとし、安全面で細心の注意を心掛けています。
また、CO2の削減など社会的な貢献にもつながります。

重機
重機
重機
重機
重機
重機
重機